高谷公子 kimikotakaya

戻る

髙谷公子(ソプラノ)
Kimiko Takaya (soprano)

髙谷 公子

京都市立音楽高等学校を経て、東京藝術大学音楽学部声楽科卒業。
ウクライナ国立チャイコフスキー音楽院を最優秀で卒業。
2001年より、チェルニーゴフフィルハーモニー交響楽団との共演を重ねている。
2003年4月、キエフ市立歌劇場にてチャイコフスキー「イオランタ」イオランタ役でオペラデビュー。これまでにウクライナ国内で、「キエフ夏の音楽の夕べ」、「シベリア音楽祭」、「ウクライナ・日本音楽祭」等多数の演奏会に出演。
2007年11月、京都・青山音楽記念館にてソロリサイタルを開催。2012年、小澤征爾音楽塾に参加。第5回チェコ音楽コンクール第一位。
平成18年度京都市芸術文化特別奨励者に認定。
2009年、これまでの文化芸術活動に対して、The International council of world organisationsより“Golden Orpheus賞”を授与される。

小室彰子、正木真理、日比啓子、D.ペトリネンコの各氏に師事

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional